2005年12月16日

相続税

金持ちにとって、自分の富を移転する相続と言うのは、

とても大切な事です。

相続税対策をするのとしないのとでは、支払う金額は天と地の差があります。

私は税理士ではないので、それほど相続税対策を知りませんが、

オーソドックスな方法は相続5原則だと聞いています。

1、税率区分を下げる

2、所有財産の評価を下げる

3、返済可能な借金を多く作る。

4、生前贈与で財産を減らしておく。

5、納税資金を用意する。

それ以外には、養子縁組を利用した方法が簡単で結構便利と聞いた事が

あります。


もし皆さんに相続税対策について、一番いいアドバイスをするとすれば、

それは、・・・・・・・



相続税について詳しい税理士を見つける事ですむかっ(怒り)




税理士と言っても、全員が相続税対策がばっちりではありません。

例えるなら教師みたいな感じで自分の専門分野があると思ってください。

いくら教師だからと言って、勉強を教えるのが本業ですが、

東大に入りたいのに、小学校の先生にその方法を伝授してくれと言うよりは、

東大に何人も入れている学校の先生に勉強方法を聞いた方が、

確実なアドバイスが得られますよね。

税理士も同じです。

法人税が得意な人、所得税が得意な人、相続税が得意な人と

自分の得意な専門があります。

しかし教師と違って、税理士は自分の得意分野ではなくても、相続税の

仕事を頂ければお金になりますから、

“私の得意分野ではないので・・・”と断らず、

“帰って詳しく調べてお知らせしましょう”と返事します(^^)

そして、きっちり節税対策せずに、税理士が相続税を払っているケースって

結構あるそうです。

税務署は、税理士が節税対策せずにたっぷり払った相続税に対して、

“今回、税金を多く徴収しすぎたので、一部返金します。”

とは言わず、だま〜〜って懐に入れていきます。(笑)

いろいろな節税方法があっても、こちらから節税対策をして納税しない限り

税務署は教えてくれませんよ。

それゆえ、ちゃんと相続税対策が出来る税理士さんと一緒にプランを

練るのが一番だと思います。




といろいろ書きましたが、相続税を払う人って実は少ないんですよね。

どれぐらいのパーセントの人が払うでしょうか?


1、1%

2、5%

3、10%

4、20%


正解は、・・・・・・・・・・・






100人に5人(5%)ぐらいしか払っていないんです。






その理由は、基礎控除と言われる相続税を払わなくてもいい金額が5000万円。さらに

相続人一人当たり、1000万円プラスされていくので、6000万円以上の

相続財産がないと払う必要がないからなんですよね。



あなたのご両親の財産。一族繁栄のため、お亡くなりになる前に

一度、両親と話し合うのも必要な事だと思います。

へぇ〜面白かったクリックexclamation×2
(ブログランキングに飛びます。)

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
{PR}愛するあの人へのクリスマスプレゼントはもう買いました?

{PR}アンケートモニター募集 ポイントでアマゾン券と交換!

{PR}社風が自慢の企業特集 ENジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━
アクセス解析






posted by マネープラス at 20:20 | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10736505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。